運命の人ツインソウルの特徴

トップページ > 運命の人ツインソウルの特徴

6つの特徴でツインソウルを見分ける

超運命の人である『ツインソウル』。運命の人と再会すると(出会うと)、今までに感じたことのない感覚に包まれます。なので、「運命の人だ」ということはすぐにわかるでしょう。ただ、"普通の" 運命の人と出会ったとき、運命の人がツインソウルだと勘違いしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、ツインソウルの特徴をお教えいたします。特徴を知っていれば、"普通の" 運命の相手との区別がつくでしょう。

基本的に運命の人には以下の6つの特徴があります。
(1) 初めから落ち着く
(2) 生活が変わる
(3) どこか懐かしさがある
(4) 性格は違えど考え方が同じ
(5) 身体に酷似しているところがある
(6) 相手の感情が入ってくる

上記の運命の人の特徴の中で、「どこか懐かしさがある」「相手の感情が入ってくる」というのが分かりやすいかもしれません。元々一つの魂だったからこその特徴と言えるでしょう。

ツインソウルは好きなタイプではない!?

あなたにも恋愛における「好きなタイプ」があると思いますが、そのタイプとツインソウルの性格が正反対のことがよくあります。

世の中のカップルを見てみると、大体同じような性格の人同士が一緒になっている傾向があるようです。性格が一緒なら生活のスタイルが一致し、居心地がいいからでしょう。

一方、先ほどのツインソウルの特徴の中に、「性格は違えど考え方が同じ」というものがありました。性格が自分と正反対であることが多いのです。これは、一つの魂が二つに分かれて性質が別々になってしまうために起こります。

ツインソウルは、超運命の人です。しかし、恋人同士になれるかは別問題。また、付き合ったり結婚したりしても、性格の違いから、別れてしまうカップルも少なくありません。心の底まで理解し合って使命を共有できれば別れることはないのですが、表面的な考え方(休日の過ごし方や子供の教育方針など)が正反対の場合が多いので、すれ違いがあっても仕方ありません。

運命の人があなたのパートナーになったら、運命の人と一緒に使命を果たすことが生きがいになり、素晴らしい人生を送ることができるようになるでしょう。運命の人と別れないためには、腹を割って語り合うことが必要です。

感情も体感覚もつながっている

ツインソウルとの性格は正反対であることが多いですが、魂レベルの "つながり" を持っているという特徴があります。

人類は皆、無意識レベルではつながっていると言われることがありますが、ツインソウル同士のつながりは非常に強く、身体的感覚も共有できるほど。ツインソウルが近くにいると、相手の触覚がまるで自分の皮膚のように感じられることもあるのです。また、相手の感情が流れ込んでくることもよくあります。

再会を果たした後は、運命の人と離れていても、相手の感情が自分のことのように感じられることがあるのです。何も起きていないのに、急に楽しくなったり悲しくなったりするのは、再会したツインソウルがそのような感情の中にいるということが考えられます。

お互いの感情や体感覚を共有するという貴重な存在が超運命の人・ツインソウル。不思議なつながりがあるため、離れていてもお互いの幸せを心から願うようになる人が多いというのも特徴です。