身体に酷似しているところがある

トップページ > 運命の人ツインソウルの特徴 > 身体に酷似しているところがある

体の一部が全く同じ形に!?

ツインソウルが元々一つの魂だったからか、身体の一部が酷似しているという特徴があります。よく似る部分として挙げられるのは手や指で、特に爪の形がそっくりであることが多いようです。

人の手をじっくりと観察する機会はあまりないかもしれませんが、家族でも手や爪の形が全く同じということはなかなかないと思います。ツインソウルは性格などが真逆なところがありますが、身体のパーツは驚くほど一致することがよくあるのです。

なぜ、手や爪の形が似るのか?

ツインソウル同士は髪質や顔のパーツなどが似ることもありますが、先述した通り、特に酷似することが多いのが手や指、爪です。酷似する場所が手に集中しているのには理由があります。それは、スピリチュアル的に強い力を宿す部分だからです。

人はモノを作るときに手を使います。文化の発展には、手がなくてはならないものです。スピリチュアルの世界でも、手はパワーを集めたり魂と通信したりする役割があり、最重要な部位と言えます。よって、魂が二つに分かれても手や指、爪の形はそっくりになるということです。

ちなみに、人によってはパワーを集める部分が手以外ということもあるでしょう。その場合は、パワーを集める部位が酷似するようになります。足や鼻、あるいは体型がそっくりということもあるようです。

ツインソウル同士は身体に酷似しているところがあるという特徴はありますが、再会した(初めて出会った)瞬間に驚くほどの懐かしさや安心感があるので、わざわざツインソウルを探すための手掛かりにする必要はないでしょう。