初めから落ち着く

沈黙さえも心地いい

ツインソウルと再会した(出会った)とき、「初めから落ち着く」という特徴があります。人見知りをする性格だったとしても関係ありません。緊張することなく、リラックスした状態で接することができるのです。

これは、魂が元々一つだったから起こること。他人ではなく、相手は自分と同じ魂だから緊張しないのです。安心感が無意識の中に発生し、異次元空間にいるような感覚になる人もいるでしょう。他人と会話をしているときの沈黙が苦手な人もいると思いますが、ツインソウルの場合は黙っていても分かり合えるため、沈黙さえも心地よくなってきます。

一体感を感じられる

コミュニケーションをとるのが苦手な人ほど、ツインソウルとの再会が特別に感じられるかもしれません。それは、一緒にいるだけで一体感を感じ、安心感も得られるからです。

ツインソウルは感情や体感覚を共有できる超特別な存在であり、出会った瞬間に心の隙間を埋められるような気持ちにもなります。相手のことを今まで何も知らなかったのに、運命の人だと確信できるでしょう。

一目惚れとは違います。こちらも運命の人と言えますが、ツインソウルと出会うときはドキドキした感じではなく、何か優しいものに包まれてリラックスする感じになるのです。

自分自身と同じ感覚を持った相手に出会うことは、人生の中でもめったにないこと。もし、初めて会った人の感情が流れ込んできたのなら、その人は超運命の人・ツインソウルかもしれません。