どこか懐かしさがある

トップページ > 運命の人ツインソウルの特徴 > どこか懐かしさがある

今まで感じたことのない懐かしさを感じる

ツインソウルとの出会いは、“再会” と呼ばれています。これは、ツインソウルが元々一つの魂だったからです。そして、再会した瞬間から、今まで感じたことのない【懐かしさ】を感じるという特徴があります。

人は初対面の相手を少なからず警戒するものですが、ツインソウルにはそのような感情を抱くことがなく、とてつもない安心感に包まれます。ツインソウルはもう一人の自分のような存在。懐かしさのあまり感動し、涙を流す人もいるようです。

見た目が苦手でも関係ない

ツインソウルの見た目が苦手なタイプでも、初対面で安心感を得られます。これは、魂レベルで共鳴し合っているからです。ツインソウルは異性であることが多いのですが、恋愛における好きなタイプは関係なく、ツインソウルなら無条件に懐かしさや安心感を覚えます。

性格については、正反対であることが多いです。これは、一つの魂が二つに分かれるので、そのとき性質が分かれてしまうということです。性質が分かれても元々は一つの魂だったので、敵対することなく安心感が得られます。

また、性格が違うために趣味が違うことも多いですが、会話をしていても話題に困ることなく、自然なコミュニケーションが取れます。沈黙することがあってもその時間も心地よく、一緒にいるだけで幸せを感じることができるでしょう。