ツインソウルではない可能性も

トップページ > ツインソウルと復縁することはできる? > ツインソウルではない可能性も

どうしても復縁できない!もしかしたら偽ツインソウルかも?

どうしても復縁ができない理由の1つとして、実は相手が偽ツインソウルだったという場合があります。

ツインソウルと偽ツインソウルを見分けるのは非常に困難です。何故なら、出会った時の衝撃も、揺さぶられる感情の度合いも、ツインソウルのそれと殆ど変わりないからです。

そんなちょっと厄介な偽ツインソウルが、なぜ現れるのでしょうか。

1つ目の考えとして『本物のツインソウルと出会う前の予行練習』というのがあります。ツインソウルとの出会いは、自分の中でビッグバンが起こったとも言うべき相当な衝撃が走ります。その衝撃が余りに大きすぎて、パニック状態に陥ったり涙が止まらなくなってしまう人がいるほどです。そんなツインソウルと出会う前に魂のレベルを上げておくべく、偽ツインソウルとの出会いがあるという説です。

2つ目は『自分自身の魂のレベルが偽ツインソウルを引き寄せてしまう』というもの。最終的には上記と変わらないことではあるのですが、一言で言えば、本物のツインソウルと出会えるほど魂が成熟していない状態であるという説になります。

偽ツインソウルの特徴

①見た目が好みな上に価値観が同じ
偽ツインソウルは外見がドンピシャで好みだったり、価値観が似ている場合が多いです。
出会いのインパクトに加え、理想通りの人物が現れたことで「この人こそが運命の人!ツインソウルに違いない!」と思い込んでしまう可能性が高いのです。
対して、本物のツインソウルは外見が好みじゃなかったり価値観が真逆のケースが多いもの。分裂した魂であるからこそ、自分と異なる部分が顕著だと言えます。

②交際までがスムーズ、最初はラブラブ
運命の人だと認識してしまえば交際に発展するのも早いもの。
盲目的な恋愛感情を抱きつつ、他人同士であるが故の気遣いや配慮もしている状態なので、最初の内は幸福感の溢れたラブラブな状態になります。
本物のツインソウルの場合、相手が既婚者だったり価値観の合わなさから喧嘩ばかりだったりして、交際するまでの間にも既に試練がそびえ立っていることが多いです。

③嫉妬心、依存心にあふれる
偽ツインソウルの場合、嫉妬心や依存心が抑えきれない状態になります。
少し離れているだけでも不安だったり、嫉妬心から相手を責めてしまったり。依存心が高まって常に一緒にいないと生きていけないといった心境に陥るのです。
そのため周囲の忠告も耳に入りません。寧ろツインソウルだと思い込んでいる場合、これが試練なんだと勘違いしてますます意固地になってしまう場合が非常に多いと言えます。
これが本物のツインソウルが相手となると、嫉妬心も依存心も湧き起こりません。
もちろん魂が成長段階にある内は心が乱れることもありますが、結局は何よりも相手の幸せを願う気持ちが一番強くなるのです。
相手が既婚者であっても家庭を壊してやろうなんて気持ちにはなりませんし、魂がつながっている感覚があるため依存心にまみれることもないのです。