ツインソウルランナーとは

トップページ > ツインソウルランナーとは

ランナー?チェイサー?

ランナーとチェイサーという言葉を聞いたことはありますか?

ツインソウルは、宇宙のプログラムと言われる7つの段階を踏みます。第一段階は認識、第二段階はテスト、第三段階は危機、そして第四段階がランサーとチェイサー…分離を意味するステージです。第五段階に手放す、第六段階に目覚め、第七段階に調和と続くのですが、このランナーとチェイサーの意味を知ることは、ツインソウルの道を辿る時心の支えになるでしょう。

ツインソウルは魂を成長させるべく分離した1つの魂です。つまり、魂を成長させる過程は必ず2人に訪れます。

魂が成長する時、心が悲鳴を上げることが大半です。自身が持って生まれたカルマを昇華し、より高い次元に到達するための道は、決して平坦ではないのです。

苦しみや悲しみ、そんな辛い感情から逃げ出さずに立ち向かい、艱難辛苦と戦ってこそ道は拓けます。ライオンは生まれた我が子を谷底に突き落とすと言いますよね。成長を望む考え方としては同じだと言えると思いませんか?

試練があるからこそ成長できる、乗り越えた先で自分という芯を築くことができるという心構えを持っておくことで、本当の意味で覚醒を迎えるための覚悟が持てるはず。必ず道は拓かれることを信じる強さを持つことが、必ずあなたの助けとなるはずですよ。

ランナーは逃げる人

ランナーは言葉の通り「逃げる人」を意味します。

ツインソウルは、出会った瞬間から魂が物凄い引力で結ばれているような感覚を味わうもの。今まで経験したことのないほどの感情の激しい起伏や色めきを覚えます。

ツインソウルは出会うことそのものが非常に稀で奇跡的だと言われているのですが、そんな唯一の存在である自分の魂の片割れと出会ったことで受ける衝撃は、今まで築き上げてきた経験や価値観で測れるものでもなければ対処できるものでもありません。

それでも経験を活かして生きる術に長けている人間は、過去と照らし合わせて対処策を練ろうとしますよね。そして処理し切れない状況に対して「こんな自分は相手にふさわしくない」といったような自己否定の念が生まれたり、自分自身のことすらコントロールできないという恐怖心を抱くのです。

恐怖から逃げるのは人間の本能です。とは言え、余りに大きな影響力を持ったツインソウルに揺さぶられる心境に戸惑うままに一方的に別離を選ぶランナーに対して「なんて自分勝手なんだ」と憤慨する人も多くいるでしょう。事実、突然取り残されたチェイサーは非常に苦しい思いをするはずですから。

しかし、ランナーにとっても苦しい成長時期であることには違いないのです。

耐えられない!ランナーが逃げ出す理由

ランナーの苦しみは、上記に挙げた通り自己否定感が高まってしまうこと。 まるで経験したことのない感情の奔流に押し流され、自身に対してさえ未知を感じずにはいられないことが大半だと言えるかもしれません。

結局のところ自分本位と言えなくもありませんが、自分の事さえ信じられず理解不能となる恐怖は相当のものであることも事実です。

また、ツインソウルに対する想いが強すぎるため湧き起こる不安や猜疑心に耐えらなくなる人もいます。

他にも、既に覚醒しているランナーの中には、霊的な覚醒を果たしていないチェイサーに対して素直に想いを表現できないもどかしさが辛い、という人もいるようです。

人間は、魂が高次元に成長していないとちょっとしたことで驕り高ぶってしまう危険性を孕んでいるもの。 絶対的に唯一の存在に対して向けるレベルで深い愛情を示した結果として、うっかり調子に乗られてしまうことを回避していると言えるでしょう。

「失礼な!私はそんな図に乗ったりなんてしない!」と感じる方も少なくないと思いますが、あらゆる可能性を考慮して危機回避に臨む思考は誰しもが持っているものです。 寧ろ表面上だけの接し方をされていないと理解して、例え自分とは異なっていたとしても相手の考え方も1つの考えであると尊重して受け止めてあげてくださいね。