ランナーは男性が多い?

トップページ > ツインソウルランナーとは > ランナーは男性が多い?

ランナーは何故男性が多いのか?

ランナーは男性が多いと言われます。女性に比べ、男性の方が自分をコントロールできない状態に恐怖心を抱き、回避しようとするためです。

ツインソウルに対して湧き上がる経験したことのない感情の波は自分でも抑えられないものですから、ほとんどが男性であるランナーが逃げ出してしまうのも仕方ないのかもしれません。

更に、成長を意識した時に現実的な観点から挑むタイプが多いというのも、男性がランナー側となる理由の1つ。良くも悪くも心を乱すツインソウルから距離を置き、仕事や趣味に精力を注ぐことで、自身のレベルアップを図ろうとするのです。

ランナーは回避依存症?

ランナーの多くは「回避依存症」であるともされます。余り耳馴染みのない言葉かもしれませんが「恋愛依存症」の逆タイプと言うと理解しやすいかもしれません。

「回避依存症」と「恋愛依存症」は共依存の関係を結ぶことが多く、ツインソウルの大半がそうだと言えます。

回避依存症は人と深い関係になることを恐れて一定の距離を取ろうとします。「親が期待する姿でいなければ愛されない=ありのままの自分では愛してもらえない」という思い込みを持って育ったことにより、本音を晒すことを恐れているのです。

男性は「男の子なんだから泣き言を言うな」といったように感情を抑制されるような成長を望まれることが少なくありません。だからこそ、築き上げてきた自分を保てなくなるほどに魂が揺さぶられるツインソウルから逃げ出してしまうのです。