感情の幅が広がる

感情は1つだけではない

感情と一言で言っても、その色は一色ではありません。喜怒哀楽、慈しむ気持ち、愛しい想い、憎悪の感傷…1人の人間の中にいくつもの感情があります。

ツインソウルとの出会いは、今まで知らなかった感情を揺さぶられるもの。愛情、悲哀、憤怒、それはきっと多岐にわたったことでしょう。

別れてから暫くは、悲しみや絶望といった苦しい気持ちに苛まれることは仕方ないと言えるのではないでしょうか。

自分の半身とも言える魂の片割れとの別れは、相当のストレスとなって心境を圧迫するものです。

ですが、ひとしきり泣いて苦しんだ後でまた別の感情が湧き起こるはずです。

そして、人を想う気持ちは恋愛感情だけではないという真実に気づくでしょう。

感情の幅が広がることは魂の成長に直結する

絶対的な信頼感、安心感は、恋愛感情とはまた別の感情ですが、驚くほど穏やかで癒やしの気持ちを感じさせてくれるものです。1人の人間として、一個体として、心の底から安堵できる対象は非常に大きい存在ですよね。

ツインソウルとの別れが感情の幅を広げてくれることは間違いありません。

もちろん恋愛感情も大切な感情の1つですが、意固地になってまでソレだけに執着するべきではないのです。

そもそも執着という感情そのものが魂の成長を妨げるとも言われています。

本当の意味でツインソウルとの魂がつながるためには、不要な感情は昇華して必要な気持ちを高めることがとても大切なのです。