自分に足りないものに気づく

トップページ > ツインソウルとの別れと学び > 自分に足りないものに気づく

自分の非を認めて理解するのがツインソウル

過去の恋愛でも、別れを迎えた時に「何が原因なのか」「何が悪かったのか」と考えたことがあるのではないでしょうか。ツインソウルとの別れでも、きっと同じことを考えるでしょう。

もちろん最初の内は絶望と悲哀とでパニック状態だと思いますが、必ず考えることになるはずです。何故なら、ツインソウルとの別れによって自分に足りないものに気づくことができるからです。

「相手があんな性格だったから別れることになったんだ」「相手がああしてくれていれば別れなくて済んだのに」

今までの失恋では、こんな恨み言ばかりが募ったこともあるでしょう。

ですが、ツインソウルとの別れで考えることは視点が真逆になります。ツインソウルに対する愛は、利他的な愛。自己犠牲の愛です。

「私の態度が相手を遠ざけてしまったのかもしれない」「知らない内に相手を追い詰めてしまっていたかもしれない」

こんな風に、自分自身の非を認める事から逃げることなく自分自身に目を向けられるのです。

自分に足りないものを知って補充しよう

自分自身に非がなかったか、あったとすればどういった点だったのか。ツインソウルとの別れを真摯に考えると、自分に足りないものが何だったのか気づくことができるでしょう。

その際「多分アレかな…?」といった曖昧な推測というよりも「自分に足りないものはコレだ!」とハッキリ理解できます。

不足していた『何か』に気づくことができたなら、次にすべきことは不足していたものを補う作業ですね。

「私にはコレが足りない」と自覚したものを身に着けようと努力することは簡単なことではありませんが、非常に重要なことです。

だからこそ、この不足分の補てん作業…自分に足りないものを埋めていく行為は、より一層の魂の成長につながるのです。